鈴木和幸

職歴

2015年-
電気通信大学 名誉教授
電気通信大学 大学院 情報理工学研究科 総合情報学専攻 特任教授
2015年-2017年
電気通信大学 大学院 情報システム学研究科 特命教授
2010年-2015年
改組により 電気通信大学 大学院 情報理工学研究科 教授
2000年-2010年
電気通信大学 電気通信学部 教授
2000年-2015年
電気通信大学 大学院 情報システム学研究科 教授
1994年-2000年
電気通信大学 情報システム学研究科 助教授
1994年-2000年
東京工業大学 客員助教授
1990年-2000年
電気通信大学 電気通信学部 助教授
1984年-1990年
東海大学 助教授
1979年-1984年
東海大学 講師
1979年
東京工業大学 大学院 理工学研究科 博士課程修了 (工学)

主要活動

(社)日本品質管理学会

平成24年10月~平成26年9月
顧問
平成21年10月~平成23年10月
会長
平成18年~平成19年, 平成20年~平成21年
副会長
平成9年~11年、平成13年~平成16年、平成23年~平成24年
理事
平成14年~平成16年
投稿論文審査委員長

日本信頼性学会

平成28年6月~
監事
平成26年6月~平成28年5月
顧問
平成24年6月~平成26年6月
会長
平成22年~平成24年
副会長
平成12年~14年
理事
平成14年~平成16年
論文審査委員長

IEEE Reliability Society

平成17年~18年
Japan Chapter, Chair

日経品質管理文献賞選考委員会

平成21年1月~平成23年11月
委員長

デミング賞委員会

平成2年1月~現在
委員

デミング賞審査委員会

平成2年1月~現在
委員

The Institute of Quality and Reliability, Tsinghua University (Beijing)

平成26年~現在
Res‌earch Fellow

受 賞

平成26年 日経品質管理文献賞受賞
平成26年 デミング賞本賞受賞
平成26年 横断型基幹科学技術研究団体連合 木村賞受賞
平成23年 IEEE Reliability Society, Japan Chapter, 2010 Best Paper Award受賞
平成22年 IEEE Reliability Society, Japan Chapter, 2009 Best Paper Award受賞
平成18年 日本信頼性学会高木賞受賞
平成17年 日経品質管理文献賞受賞
平成15年 日本信頼性学会高木賞受賞
平成14年 品質管理誌QC賞受賞
平成11年 The Wilcoxon Prize 受賞(アメリカ品質学会・アメリカ統計学会)
平成 8年 日本設備管理学会論文賞受賞
平成 7年 日本信頼性学会高木賞受賞
昭和61年 日経品質管理文献賞受賞
昭和59年 日本品質管理学会論文奨励賞受賞
昭和52年 日経品質管理文献賞受賞

業 績

論文

  1. Optimum Specimen Sizes and Sample Allocation for Estimating Weibull Shape Parameters for Two Competing Failure Modes, Technometrics, Vol. 52, 209–220 (2010)
  2. Nonparametric Estimation of Lifetime Distribution from a Record of Failures and Follow‐ups,Journal of the American Statistical Association,
    Vol.80,pp. 68‐72(1985)

等 論文 74編

著書

  1. 信頼性・安全性の確保と未然防止 (日本規格協会、2013)
  2. 信頼性データ解析(日科技連出版、2009)
  3. 信頼性七つ道具(日科技連出版、2008)
  4. 未然防止の原理とそのシステム(日科技連出版社,2004)
  5. 品質保証のための信頼性入門(日科技連出版社,2002,共著)

等 著書 32編

国際会議

・Key Note Speech and Plenary Invited Talk : 27回

・Invited Talk : 14回

・INTERNATIONAL CONFERENCE : 41回

広告